« おおかみこどもの雨と雪 レビュー(ネタばれあり) | トップページ

この世界の向こうで レビュー

1355188885612

ORANGE YELLさんから発売された処女作であり久しぶりにレビューを書きたいと思った作品

では、始めの一言

荒削りだが処女作としては充分な出来の作品

エロゲーメーカーの処女作というと今でこそ大手さんになっているメーカーですら微妙な作品を出しているし、特に最近の新ブランドは失敗作と言って良いほど面白くない作品を出している中、この作品はよくできている。(新ブランドだから採点は少し甘くなっているといえども。)

シナリオについて

選択肢ありの攻略する順番が決まっている一本道シナリオだが、順番の構成と内容的もしっかりしているが、ただ最近流行のアニメ(2012年流行のシナリオ)のオマージュと思う人がいるかもしれないのは狙ってなのか。偶々なのかはよく分からないがそれがこの作品のいい意味でも悪い意味でも肝ですね。悪い意味ではパクリと思われてしまう。良い意味では全体のシナリオがおかげでまとまっている。
ただ、個人的にはシナリオの量が少ないのはあまり良くない。本編の量を増やすのではなく個別の後日談やファンサービス用のHシーンを増やしてくれていれば評価がもっと上がるのにな。少しもったいない。

絵について

この作品で一番残念であり、評価が下がってしまう部分ですね。絵がどうしても同人レベルの絵であること。後、立ち絵とCG差分の絵があまり変わらないため、CGの意味があまりないと思ってしまう。(これは、塗りの問題かもしれない。)背景も同様。
次回作は絵にもっとこだわって欲しいですね。

音楽について

BGM、SE、VOICEと問題がなく、個人的にはBGMで好きなのがあったくらい。

総評

値段的には今中古で売られている2980円、3980円が妥当という感じですね。ただ、シナリオは荒削りではあるが読みやすく構成がしっかりしている面白いものです。特に処女作でこれだけのものが作れるのは他のエロゲーメーカーに負けないものがあります。(処女作なので採点が甘くなっているとはいえ。)
次回作が楽しみです。

最後に一言

久々のハーレムルートに萌えた!!!

|

« おおかみこどもの雨と雪 レビュー(ネタばれあり) | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この世界の向こうで レビュー:

« おおかみこどもの雨と雪 レビュー(ネタばれあり) | トップページ